【J1 勝ち点グラフ】 2013年 最終版

J1 勝ち点グラフ2013

※画像クリックで拡大します(1060×658pixel)。

---
■第34節(2013.12.7)

・川崎 1 - 0 横浜FM
今節も、勝利すれば自力優勝が決まるマリノスでしたが、
神奈川ダービーで敗戦、広島が勝ったため、2位で終わることとなりました。

・鹿島 0 - 2 広島
両者優勝の可能性のある3位対2位の直接対決は、
前半46分に鹿島の大迫選手が退場したこともあり、広島が勝利しました。
マリノスが敗れたため、逆転で広島が優勝となりました。

・浦和 2 - 5 C大阪
ACL出場圏内の4位対6位の直接対決は、セレッソが大勝しましたが、
両チームともにACL出場圏の3位以内には入れませんでした。

・磐田 3 - 1 大分
既に降格が決まったチーム同士の対決となりました。
磐田は9試合ぶりに、ようやく4勝目を挙げました。


来期のACL出場権を得たのは、広島横浜FM川崎となりました。
J2への降格は、前節までに、大分磐田湘南と決まっています。


※更新部分以外は「続きを読む」に移動しました。


---
■第33節(2013.11.30)

・横浜FM 0 - 2 新潟
マリノスは、勝利すれば自力優勝が決まる状況でしたが、
優勝決定は次節、最終節に持ち越しとなりました。
尚、この試合では、62,632人の観衆が日産スタジアムに集まり、J1最多入場者数記録を更新しました。

・鳥栖 4 - 1 浦和
豊田のハットトリックで、鳥栖がホーム最終戦を勝利で飾りました。
アウェーで大敗してしまった浦和は、優勝の可能性がなくなりました。

・C大阪 1 - 2 鹿島
4位5位の直接対決は、勝利した鹿島が3位に浮上し、
最終節での優勝の可能性を残しました。


優勝の可能性は、
・横浜FM(62, +19)
・広島(60, +20)
・鹿島(59, +10)
の3チームに絞られました。
次節最終節は、鹿島vs広島の直接対決です!

横浜FMは、次節アウェー川崎戦に勝てば、自力で優勝を決められます。

横浜FMが引き分けた場合、
鹿島vs広島で、
・広島が勝ち → 広島が優勝
・引き分け、鹿島が勝ち→ 横浜FMが優勝

横浜FMが負けた場合、
鹿島vs広島で、
・広島が勝ち → 広島が優勝
・引き分け → 横浜FMが優勝
・鹿島が勝ち → 横浜FMと鹿島とで、得失点差で上回った方が優勝(横浜FMが有利)
となります。

尚、ACL出場圏内争いは、6位のC大阪まで可能性があります。
最終節は、浦和vsC大阪の直接対決のほか、
5位の川崎もACLの可能性を残していますから、
川崎vs横浜FMの試合も、両者譲らない熱い試合になりそうです。

---
■第32節(2013.11.23)

・磐田 0 - 1 横浜FM
マリノスは、次節勝利すれば、優勝決定です。

残り2節、優勝の可能性のあるのは、5位のアントラーズまでです。

・FC東京 2 - 1 湘南
最低でも勝利が必要だった湘南は、
J2降格の3枠目に決定してしまいました。

---
■第31節(2013.11.10)

・鳥栖 1 - 0 磐田
アウェーで敗戦した磐田は、クラブ初のJ2降格が決定しました。

14位の鳥栖以上はJ1残留が確定し、降格の残る1枠は、
15位甲府(勝ち点34、得失点差-11)か、
16位湘南(勝ち点25、得失点差-25)のどちらかとなりました。
湘南は残留するためには、甲府が残り全敗、かつ湘南が全勝した上で、
得失点差で甲府を上回らなくてはなりません。

次節、甲府が引き分け以上、或いは、湘南が引き分け以下で、
湘南の降格が決定します。

---
■第30節(2013.10.26-27)

・磐田 0 - 1 清水
白熱した静岡ダービーは、PKを決めた清水が勝利しました。

磐田は、今節は降格決定を免れましたが、極めて厳しい状況です。
次節、降格が決定する条件は、以下の通りです。

・磐田:勝ち(勝ち点最大で32)、甲府:勝ち(34以上)
・磐田:引き分け(最大で30)か負け(最大で29)、甲府(31以上)の結果関係なく降格決定

---
■第29節(2013.10.19)


・横浜FM 1 - 0 広島
・鹿島 1 - 2 浦和
2位vs1位の直接対決は、2位の横浜FMが、
4位vs3位の直接対決は、3位の浦和がそれぞれ勝ち、
横浜FMが首位に返り咲きました。

・清水 6 - 4 鳥栖
清水は退場者を出しながらも、伊藤翔選手のハットトリックで勝利しました。

・川崎 2 - 1 磐田
逆転負けをした磐田は、次節にも降格が決定する可能性があります。
(次節、甲府が勝利、かつ、磐田が負けの場合。4試合を残し、勝ち点差が13になるため。)
次節は、ホームに清水を迎えての静岡ダービーです。

・大宮 0 - 1 大分
前節、J2降格が決まってしまった大分は、2勝目を挙げました。

---
■第28節(2013.10.5-6)

・大分 0 - 2 C大阪
大分はホームで敗戦し、J2降格が決まってしまいました。

---
■第26節(2013.9.21-22)

・大分 1 - 2 湘南
18位と16位の対決は、武富選手の2ゴールで、16位の湘南が勝ち点3を得ました。

---
■第24節(2013.8.31)

・大宮 1 - 0 横浜FM
8連敗していた大宮は、首位の横浜に勝利しました。

・磐田 1 - 1 甲府
17位対15位の残留争い直接対決は、引き分けとなりました。

---
■第23節(2013.8.28)

・甲府 2 - 0 広島
15位対1位の試合は、保坂選手のスーパーゴールもあり、甲府が完封勝利しました。

・横浜FM 3 - 0 浦和
上位直接対決は、横浜Fマリノスが完勝して、首位に浮上しました。

・川崎 2 - 1 大宮
大宮は、クラブワースト記録の8連敗となりました。

---
■第22節(2013.8.24)

・大宮 2 - 3 柏
大宮は、小倉新監督の就任後、最初の試合でしたが、
クラブ記録ワーストタイの7連敗となってしまいました。

・大分 1 - 1 広島
最下位vs2位の試合は、引き分けとなりました。

・湘南 1 - 2 甲府
残留ラインを挟んだ直接対決、16位vs15位の試合は、
甲府が勝利し、15位の座を守りました。

---
■第21節(2013.8.17)

・鳥栖 2 - 1 大宮
5連敗でベルデニック前監督を交代した大宮は、
6連敗となってしまいました。

---
■第20節(2013.8.10)

・大宮 0 - 3 C大阪
今節で5連敗となった大宮は、翌11日にベルデニック監督の交代を発表しました。
公式サイトによりますと、
「チームとして今シーズンの目標を達成するため、監督交代を決断」
とのことですが、あまりに予想外のことで、衝撃です…。

---
■第19節(2013.8.3)

・浦和 3 - 1 広島
上位同士の対決は、4位の浦和がホームで首位広島に勝利しました。

・C大阪 0 - 1 甲府
甲府は、5位セレッソにアウェーで勝利し、8連敗から脱出しました。

---
■第18節(2013.7.31)

・広島 3 - 1 大宮
1位2位直接対決は、元大宮の石原選手のハットトリックで、広島が勝利しました。

※代表組は、28日に東アジア杯で優勝を決めてから、
 中2日での試合となりました。

---
■第17節(2013.7.17)

・浦和 2 - 3 横浜FM
3位4位対決は、前節4位だったマリノスが勝利し、順位が逆転しました。


この後、東アジア選手権で代表の試合があるため、
次節は31日(水)となります。

---
■第16節(2013.7.13)

・横浜FM 2 - 1 大宮
上位対決、4位の横浜Fマリノスが、
ズラタンとノヴァコヴィッチを欠いた大宮に勝利しました。

・甲府 0 - 1 湘南
J1では初顔合わせとなった昇格組同士の対決は、湘南が勝利しました。

---
■第15節(2013.7.10)

・磐田 2 - 1 新潟
磐田は関塚監督就任後、2試合目にして初勝利です。

---
■第14節(2013.7.6)

コンフェデ杯の影響で約1ヶ月中断していたJ1は、今日から再開です。

・磐田 2 - 2 C大阪
関塚監督就任後、初の試合となった磐田は、引き分けでした。

---
■第13節(2013.5.25, 26)

・大分 1 - 1 磐田
18, 17位直接対決は、引き分けでした。

---
■第12節(2013.5.18)

・新潟 2 - 3 大分
大分は、ようやくの初勝利です!

---
■第11節(2013.5.11)

・仙台 2 - 1 大宮
大宮の7連勝と昨年より続く21戦無敗記録が途絶えました。
(ちなみに、 昨年最後に負けた試合も、8月25日J1-第23節の仙台戦でした。 )

・浦和 3 - 1 鹿島
「Jリーグ20thアニバーサリーマッチ」として開催されました。

---
■第10節(2013.5.6)

・FC東京 2 - 2 磐田
4日に森下監督を解任した磐田ですが、
長沢徹暫定監督となっての初試合は、引き分けでした。

ここまでの無敗は大宮で、昨年から21試合負け無し記録更新中です。
ここまでの未勝利は、大分のみです。

---

今シーズンのJ2からの昇格組は、甲府、湘南、大分(J2の6位、プレーオフ昇格)で、
ACL出場チームは、広島、仙台、浦和、柏です。

第10節になりましたので、J1も掲載しました。
間違いもあるかもしれませんので、ご指摘いただけると助かります。

(2013.5.6)

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
プロフィール
【管理人】
黒川ひゅう

【自己紹介】
サッカー好きで、柏レイソルサポのイラストレーター。柏餅はこしあん派。
名古屋在住。たまに日立台に行っています!
HP:http://kurokawahyu.com/


【サイトバナー】
リンクはご自由に!詳しくはこちら
「こしあんかしわもち」サイトバナー


【ご注意】
イラストや画像・文章の、無断での二次利用や転載は、一切ご遠慮願います。


【ご連絡先】
連絡先
Twitter

    KurokawaHyu

フォロー、アンフォローはご自由に♪
カテゴリ
イラストのタグ

レイくん  小林祐三  林陵平  菅沼実  北嶋秀朗  茨田陽生  藏川洋平  工藤壮人  南雄太  村上佑介  菅野孝憲  フランサ  近藤直也  アビー  ファジ丸  ホジェル  酒井宏樹  大谷秀和  山崎正登  鮫島彩  パク・ドンヒョク  レアンドロ・ドミンゲス  前田遼一  澤昌克  平山智規  遠藤保仁  海外選手  増嶋竜也  長谷部誠  古賀正紘  阿部勇樹  桐畑和繁  大津祐樹  鎌田次郎  松井大輔  栗澤僚一  谷澤達也  鈴木達也  一平くん  ガンバボーイ  

カウンター


ご訪問ありがとうございます!
リンク集
月別アーカイブ
blog内検索
RSS、QRコード
PoweredBy

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ