スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACL、まずはアウェーで勝利!

2015-0520.jpg

ACLの決勝トーナメント1回戦、水原に2-3で勝利!
アウェーで3ゴールは大きいです…!!
いけいけ、柏!!(リーグ戦もなんとか…!)

ガンバも今日、FCソウルに1-3でアウェーで勝利!
同士よ、戦友よ…!という気分で、応援しています!

まずは2チーム揃って8強へ!
決勝で当たりたい…!

tag : レイくん ガンバボーイ

ACL グループリーグ突破!

2015-0423.jpg

久々の更新ですが(汗)、柏サポ歴も今年で10年目となりました!

ACLグループリーグ突破!!やったー!!
この調子でリーグ戦も行くぞーー!!

tag : レイくん

【J1 勝ち点グラフ】 2014年 最終版 12/8更新

J1 勝ち点グラフ 2014

※画像クリックで拡大します(1060×658pixel)。

来期のACL出場権を得たのは、G大阪浦和鹿島となりました。
J2への降格は、徳島C大阪大宮となりました。

---
■第34節(2014.12.6&8)

・徳島 0 - 0 G大阪
・浦和 1 - 2 名古屋
・鹿島 0 - 1 鳥栖
ガンバが最下位の徳島に苦戦しての引き分け、
浦和、鹿島が共にホームで敗戦の結果、
ガンバ大阪優勝が決まりました。

・清水 0 - 0 甲府
・大宮 2 - 0 C大阪
緊張感の漂う90分を戦った清水は、
引き分けで勝ち点1を得て、自力でJ1残留を決めました。
大宮は勝利したものの、勝ち点1及ばず、J2降格の3枠目に決まりました。

・新潟 0 - 2 柏
雪のため8日(月)に延期となりました。
2点差以上で4位に浮上、ACL出場の可能性を残す柏は、
ATの追加点できっちり勝利しました。

ACLは、来年からJリーグからは3.5枠です。
リーグ優勝したガンバ大阪が、天皇杯でも優勝した場合、
リーグ4位が繰り上げでプレーオフに回ります。

天皇杯決勝は、ガンバ大阪vsモンテディオ山形、
12月13日(土)14:00KO、会場は日産スタジアムです。

⇒続きを読む

【J2 勝ち点グラフ】 2014年 最終版

J2 勝ち点グラフ 2014

※画像クリックで拡大します(1060×658pixel)。

来期のJ1昇格は、湘南松本山形(プレーオフ)の3クラブです。
J3への降格は、富山のみ。
長野パルセイロとの入れ替え戦に勝利した讃岐は、J2残留が決まりました。

---
■第42節(2014.11.23)

・大分 2 - 3 湘南
早々に昇格と優勝を決めた湘南は、勝ち点100越えを達成です!

・札幌 1 - 1 磐田
・讃岐 0 - 1 千葉
・横浜FC 1 - 0 北九州
・山形 1 - 2 東京V
PO圏内争いは、千葉のみ勝利し、逆転で3位になりました。
4位磐田、5位北九州、6位山形で、大分は7位にとどまりました。

J1昇格プレーオフは、北九州にJ1ライセンスが無いため、
3クラブでのトーナメントになります。

 準決勝 … 11月30日(日)、磐田vs山形(磐田のホーム)
 決勝 … 12月7日(日)、千葉vs準決勝の勝者(味の素スタジアム)

 ※天皇杯に勝ち残っている千葉と山形は、11月26日に準決勝で対戦します。

J3も全日程が終了し、J3との入れ替え戦にまわる讃岐の対戦相手は、
J3の2位の長野パルセイロに決まりました。
ホーム&アウェー方式で、11月30日と12月7日に行われます。

⇒続きを読む

湘南が凄すぎる…!

湘南が凄すぎる…!

負けなし、引き分けなしの、怒涛の開幕14連勝!
グラフを作っていても、ぐんぐん伸びていくのが爽快です。

湘南どれだけ凄いのか、試しにJ1のグラフと重ね合わせてみました。

20140519-shonan.jpg

そのまま宇宙空間に飛んでいってしまいそうな勢いです。

2位の磐田でも、J1では1位の浦和以上なんですね。
(勿論、単純比較はできませんが。)

過去数年のJ2のデータを見てみても、第14節の時点での1位の勝ち点は、

 2013年 … 30 (神戸:最終順位2位)
 2012年 … 30 (山形:最終順位10位)
 2011年 … 31 (千葉:最終順位6位) ※震災の影響のため、14試合目の第20節で比較
 2010年 … 33 (柏:最終順位1位)

と、大体今の磐田くらい。
いいペースで勝ち点を積み重ねているのに、大差をつけられて2位とは、
やはり湘南の勝ち点がとんでもないということですね。

ちなみに、過去のグラフを眺めてみると、J1でもJ2でも、
後半調子を上げてきたチームが優勝していることが多いです。

湘南がこのまま行くのか、後半どこかが上がってくるのか…。
混戦も面白いですが、もの凄い記録更新を見るのも、面白いです。

バナーを作り直しました

大変ご無沙汰な更新になってしまいました。
あっという間に、もう10節も終わってしまいました(汗)。

グラフの更新だけで精一杯で、柏の記事をなかなか書けないでいましたが、
今年も変わらず柏サポで、アソシエイツ会員も継続しています。
2006年からですから、もう9年目なんですね。
4月11日には、丁度関東に行く用事がありまして、川崎戦を現地観戦することができました♪


さて、とりあえず、バナーを新しくしました。

こしあんかしわもち バナー

いつまで小林祐三くん(2011年にマリノスに移籍)のままだったんだ(汗)。
一度、キタジのイラストに変えようとしたことがあったのですが、
その直後に柏を去ることになってしまい、大変なショックでして…。

好きな選手をバナーにする→移籍する、なんてジンクスができても嫌ですし、
あれこれ考えた結果、レイくんのイラストのバナーにしました。

そういえば、柏餅の季節ですね。
こしあんの柏餅が大好物で、近所の和菓子屋さんをあちこち食べ比べしています♪
城福監督のあの発言は、結構ショックだったなぁ(笑)。


それから、サッカー専用に分けていたtwitterアカウントを、
普段使いのアカウントと統合しました。

twitter_hyu121
hyu121


イラスト制作活動や、日常のつぶやき、サッカーの試合中の「ぎゃー!惜しいいい」とか、
あれこれ話題が混在しております(笑)。
ですが、サッカーに興味の無い人や、興味はあるけどJリーグは見ないような人たちに、
Jリーグが楽しいことを少しでも知ってもらいたくて、
サッカーの話題も、一つのアカウント内ですることにしました。
(しかし、試合中の実況ツイートで、TLを埋めないように気をつけねば。)

本blogの更新情報も、twitterに反映されるようにしています。


blogの方は、10節が終了したので、まずは勝ち点グラフをアップしました。
またイラストなども描いていきたいと思っています。

【J1 勝ち点グラフ】 2013年 最終版

J1 勝ち点グラフ2013

※画像クリックで拡大します(1060×658pixel)。

---
■第34節(2013.12.7)

・川崎 1 - 0 横浜FM
今節も、勝利すれば自力優勝が決まるマリノスでしたが、
神奈川ダービーで敗戦、広島が勝ったため、2位で終わることとなりました。

・鹿島 0 - 2 広島
両者優勝の可能性のある3位対2位の直接対決は、
前半46分に鹿島の大迫選手が退場したこともあり、広島が勝利しました。
マリノスが敗れたため、逆転で広島が優勝となりました。

・浦和 2 - 5 C大阪
ACL出場圏内の4位対6位の直接対決は、セレッソが大勝しましたが、
両チームともにACL出場圏の3位以内には入れませんでした。

・磐田 3 - 1 大分
既に降格が決まったチーム同士の対決となりました。
磐田は9試合ぶりに、ようやく4勝目を挙げました。


来期のACL出場権を得たのは、広島横浜FM川崎となりました。
J2への降格は、前節までに、大分磐田湘南と決まっています。


※更新部分以外は「続きを読む」に移動しました。

⇒続きを読む

【J2 勝ち点グラフ】 2013年 最終版 11/24更新

J2 勝ち点グラフ2013

※画像クリックで拡大します(1060×658pixel)。


---
■第42節(2013.11.24)

・長崎● 0 - 1 ○徳島
・鳥取 2 - 2 △千葉
・札幌△ 0 - 0 北九州
・松本○ 1 - 0 愛媛

プレーオフ圏内の争いは、最終的に、
徳島が勝ち点67に伸ばし、4位になり、
千葉、長崎、松本が勝ち点66で並びましたが、
得失点の差で、千葉が5位、長崎が6位となりました。

長崎は、押している展開で先制され、更には退場者を出し、
千葉は、2-0で負けている状態から、追加タイムの劇的なゴールで引き分けに持ち込み、
札幌は、1点取れてさえいれば圏内確実というところで逃すという、
各地でギリギリの展開、せめぎあいがありました。

昇格プレーオフ第一戦(12月1日)の組み合わせは、
・京都(3位)vs長崎(6位)
・徳島(4位)vs千葉(5位)
となりました。
決勝は、12月8日に、第1戦の勝者同士(引き分けの場合は上位チーム)で一発勝負です。

また、前節までに、G大阪が優勝と昇格を、神戸が昇格を決めています。


※前節以前の情報は、「続きを読む」をご覧ください。



⇒続きを読む

J2最終節、プレーオフ圏内争いの勝ち点計算

早いもので、J2も残りあと1試合です。

1位ガンバ、2位神戸、3位京都が確定し、
プレーオフ圏内の残り3枠(4~6位)の争いは、
長崎、千葉、徳島、札幌、松本の5チームに絞られました。

次節11月24日(日)の対戦カードは、次の通りです。

長崎(4位) vs 徳島(6位)
鳥取 vs 千葉(5位)
札幌(7位) vs 北九州
松本(8位) vs 愛媛

起こりうる全ての勝ち点パターンを、以下にグラフにしてみました。
(混戦すぎてもう…!間違っていたらごめんなさい…!)

同じ勝ち点では、得失点差で有利な方を上にプロットしています。
確実に順位が決まる箇所もあります。


【長崎○ vs 徳島●】の場合
2013-J2-42-a.jpg

勝ち点66で並ぶ場合、得失点差は、
千葉 +19
札幌 +11+★
松本 -1+★
となります。±★は、42節で変動する得失点差です。

勝ち点64で並ぶ場合は、
札幌 +11
徳島 +4-★
松本 -1
となります。



【長崎△ vs 徳島△】の場合
2013-J2-42-b.jpg

勝ち点66で並ぶ場合、得失点差は、
千葉 +19
札幌 +11+★
松本 -1+★
となります。



【長崎● vs 徳島○】の場合
2013-J2-42-c.jpg

勝ち点66で並ぶ場合、得失点差は、
千葉 +19
札幌 +11+★
長崎 +9-★
松本 -1+★
となります。


自力でプレーオフ圏内を決定できるのは、
・長崎…引き分け以上
・千葉、徳島…勝てば
で合っているでしょうか?
千葉は引き分けでも、札幌は勝利すれば、
得失点差でひっくり返されない限りは、6位以内が決まりそうです。

勝ち点が並んで、得失点差で順位が入れ替わるためには、
いずれのパターンでも、5点以上といった大量得点が必要そうです。

【感想】 日本代表vsブルガリア代表 国際親善試合

日が経ってしまいましたが、自分用メモを兼ねて感想を。

5/30のキリンチャレンジカップ、ブルガリア戦、0-2での敗戦でした。

1失点目は、セットプレーからのFKで、
川島さんが正面に構えていたのに、クイッと曲がるブレ球を弾ききれず、
2失点目は、セットプレーからのオウンゴールという失点でした。

が、それ以上にいい攻撃ができていなかったのが残念でした。
狭いところで2~3人で上手くパスを回すのは見られましたが、
結局DFにひっかかってしまい、際どいシュートは殆ど無かった気が…。

せっかくよく組織された強い相手との試合でしたのに、なんとも残念。
3-4-3システムを試したとか色々あるのでしょうけれど
久々に集まったしとりあえず調整用に1試合…に見えてしまったといいますか、
もうちょっと、本番さながらの本気さがあってもよかったのでは?と思ってしまいました。

ブルガリア代表は、FIFAランキング(52位:2013年5月現在)以上に、
完成度の高い、闘志ある、組織立った、強いチームで驚きました。
所属クラブも国内の選手が多くて、有名どころだとフルハムくらいでしょうか?
昔ベルバトフが好きで、ブルガリア代表の結果も気にかけていたことはありましたが、
W杯予選もグループBで、イタリアに次ぐ2位につけているとのこと。
これからちょっと楽しみです。


柏関連では、やってやれ!酒井くんは、後半からの出場でしたね。
グラウンダーや低めのクロスはありましたが、
柏時代の高速クロスは残念ながら見られず。
マイクの頭めがけて入れるという選択肢はなかったのかな…?
(なんか前にも似たようなことがと思ったら、3月のカナダ戦でも同じこと書いてましたね。)

初召集の工藤くんは、ベンチにいるところがチラリと映ったのみ。
前日にJ1でフル出場でしたから、ちょいとお気の毒な日程でしたが、
それでも今回呼ばれたということは、評価されてのことでしょうね。
ゆくゆくは代表の中心になっていけることを期待しつつ、応援しています!
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
プロフィール
【管理人】
黒川ひゅう

【自己紹介】
サッカー好きで、柏レイソルサポのイラストレーター。柏餅はこしあん派。
名古屋在住。たまに日立台に行っています!
HP:http://kurokawahyu.com/


【サイトバナー】
リンクはご自由に!詳しくはこちら
「こしあんかしわもち」サイトバナー


【ご注意】
イラストや画像・文章の、無断での二次利用や転載は、一切ご遠慮願います。


【ご連絡先】
連絡先
Twitter

    KurokawaHyu

フォロー、アンフォローはご自由に♪
カテゴリ
イラストのタグ

レイくん  小林祐三  林陵平  菅沼実  北嶋秀朗  茨田陽生  藏川洋平  工藤壮人  南雄太  村上佑介  菅野孝憲  フランサ  近藤直也  アビー  ファジ丸  ホジェル  酒井宏樹  大谷秀和  山崎正登  鮫島彩  パク・ドンヒョク  レアンドロ・ドミンゲス  前田遼一  澤昌克  平山智規  遠藤保仁  海外選手  増嶋竜也  長谷部誠  古賀正紘  阿部勇樹  桐畑和繁  大津祐樹  鎌田次郎  松井大輔  栗澤僚一  谷澤達也  鈴木達也  一平くん  ガンバボーイ  

カウンター


ご訪問ありがとうございます!
リンク集
月別アーカイブ
blog内検索
RSS、QRコード
PoweredBy

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。